自撮り注意!バレないカラコンの自撮り

自分が綺麗に見える角度を知る

日本人の多くは眼球が黒いですが、近年はファッションの多様化により、眼球の色を変えるファッションが流行っています。カラフルなカラーが揃うカラコンを使えば、憧れの外国人風になれるため若者を中心に人気があります。カラコンはブラウンやグレーなどのシックなカラーから、レッドやブルーなどの派手なカラーまで種類が豊富です。服装のコンセプトやなりたいイメージに合わせて選びますが、自撮りする際には気を付けると良い点があります。それは角度によってはカラコンとバレてしまうことです。そのため目元が自然に見えて全体的に綺麗に見える角度を探しましょう。何度も試しているうちに、最適な光の角度や自分を美しく見せる角度が分かるようになるため、繰り返し試すことが大事です。

極端にならないよう気を付ける

自撮りをすると、知り合いや興味のある人に見てもらいたいという欲求から、ネット上にアップすることがあります。この時に気を付けると良いのが、自撮り写真が極端にならないようにすることです。ネット上にアップした自撮り写真は永遠に残ります。その写真を見た時に、前日と当日と翌日を見比べた場合、同じ人物とは思えないほど極端な写真になっていたら違和感として記憶に残ってしまいます。これでは楽しい気持ちで撮った自撮りも良いイメージが付きません。カラコンを入れて自撮りをする時は極端にならないよう気を付けましょう。そのために行うと良いのは、普段からオンとオフをきっちりと分けておくことです。そうすることで違和感のない自撮り写真へと仕上がります。