大事にね、注意すべきカラコンの扱い方

レンズも手も綺麗にしてから取り扱う

カラコンを取り扱う上で一番注意しておきたいのが、清潔面に関するところです。
カラコンは直接目につけるものなので、汚れている状態で取り扱ってしまうと目の病気になってしまう恐れがあります。そのため目につけていない時は洗浄液につけておくのはもちろん、目につける際にも軽く洗浄液で洗ってから傷や汚れがないかどうか確認するのが大切です。
さらにカラコンそのものだけではなく、取り扱う時の自分たちの手も清潔にしておかなければいけません。そのためカラコンを取り扱う前には必ず手を洗って綺麗な状態にしておき、自分たちの手から汚れが移らないようにしておくのがおすすめです。傷つけないように爪を切っておくのも、取り扱いをする上で大切なポイントとなっています。

実は存在するレンズの裏表

さらにカラコンの取り扱いで初心者が意外と間違えてしまいがちなのが、レンズの裏表です。一見するとどちらも同じように見えるのですが、実は色素が濃い方が表側とされています。説明書にも必ず記載されているので、一度確認しておくのがおすすめです。
レンズの裏表が逆になっていると淵の部分がわずかに外側に反転していて、そのまま装着してしまうと目を傷つけてしまったりゴロゴロする原因となります。そのため装着する時には必ず裏表を確認しなければいけませんし、取り外す時に裏表が逆にならないように取り扱うのが大切です。
もしも間違って裏表を逆にして装着してしまった場合は、すぐに取り外して一度洗浄してから裏表を戻して装着します。